US Disney StoreよりOSWALD The Lucky Rabbit Plush "オズワルドザラッキーラビット/ ぬいぐるみ" 10.5インチ(約27cm) 国内未発売品 B009A4FDMM -ぬいぐるみ

もっとみる

話題のハッシュタグ

US Disney StoreよりOSWALD The Lucky Rabbit Plush "オズワルドザラッキーラビット/ ぬいぐるみ" 10.5インチ(約27cm) 国内未発売品 B009A4FDMM -ぬいぐるみ

ミッキーマウス誕生のきっかけとなった「オズワルド?ザ?ラッキー?ラビット」の10.5インチ(全長約27cm)"ぬいぐるみ"です。写真2枚目と3枚目の「ウォルト ディズニーがOSWALD (オズワルド)を持っているフィギュアとキャラクターのイラストは、オズワルドを知っていただくために写真を掲載しております。フィギュア及び、キャラクターのイラストは販売品には含まれておりません。(お間違えなきようお願い致します。)
OSWALD(オズワルド)の「ぬいぐるみ」は18インチ(約46cm)の品物が有りますが、こちらの「ぬいぐるみ」は 10.5インチ(約27cm)となります。
「ぬいぐるみ」のお腹の辺りにはペレットが仕込まれていて、手触りが良いように作られています。また、サイズが小さいことから、小さなお子様でも手にもって遊べ、子供用のリックやバックにも入るサイズです。
対象年齢 :5才以上 / 素材: ポリエステル / ペレット:プラスチック 製品サイズ: 縦約27cm(耳含む) / 縦約20cm(耳含まず) × 横(厚み)約12cm × 幅約14cm 重量: 約90(g) / 製造国 :中国製
このミッキー?マウスに良く似た"うさぎ"は、1927年から28年にかけて、ユニバーサル?ピクチャーズが配給した全26話のアニメーション「和名:しあわせウサギのオズワルド」の中に登場するキャラクターで OSWALD Rabbit "オズワルド?ラビット"と言い、ミッキーマウスよりも先にウォルト?テズニー自身が制作したキャラクターです。 当時資金が無かったウォルト?ディズニーがアニメーション作りのためユニバーサル?ピクチャーズと契約した際に、著作権まで配給会社であるユニバーサル?ピクチャーズへ与えてしまったことから、後の79年間もの長い間ディズニーでは扱えなかったキャラクターです。 ユニバーサル?ピクチャーズに著作権を与えてしまったウォルト?ディズニーが失意の中でスケッチしたのが一匹のネズミ。「モーティマー」と名付けたネズミはウォルトの奥さんの案で名前が「ミッキー」と変更され、ミッキー?マウスが生まれました。 もし、ウォルト?ディズニーが著作権を失っていなかったら...ミッキー?マウスもティズニー?ランドも生まれていなかったかも知れません。

公式トップブロガーランキング12月13日更新